Top > ピロリ菌の治療 > ピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)の治療後

ピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)の治療後

スポンサード リンク

ピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)は抗生物質などの薬を投与して治療します。


投与期間は7日間ですが、治療後もいくつか注意する点があります。まず重要なことは、治療によってピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)がしっかり除菌できたかということです。それをはっきりさせるために、投薬後4週間ほどして尿素呼気テストを行います。


ピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)が完全には除菌されていない場合もありますので、このようなテストは必ず行い、ピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)がちゃんと除菌されたか確認します。もしピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)が治療後も除菌されていなかった場合、さらなる抗生物質の投与が行われることになります。


さて治療後、ピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)を完全に除菌できた場合、軽いびらん性胃炎や逆流性食道炎が見られる人がいます。今までピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)によって抑えられていた胃酸が活発に分泌されるせいです。しかしこれらはピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)を除菌したことの結果であり、症状も軽いものです。

ピロリ菌の治療

関連エントリー
ピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)の治療後