Top > ピロリ菌と胃潰瘍 > ピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)が原因の胃潰瘍

ピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)が原因の胃潰瘍

スポンサード リンク

ピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)は、外部から進入してくる細菌をも死滅させうる胃の中にあっても、生き残ることができるほど強力です。


ピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)は胃の中で分解するとき、自ら毒素を排出し、胃の粘膜を傷つけます。それが原因で胃潰瘍になってしまいます。


胃潰瘍の主な症状として、胃の痛み、吐き気や胸やけなどがあります。胃の粘膜には毛細血管が多くあり、もし胃に何らかの損傷が見られても、この毛細血管を通していろいろな栄養が運ばれ、もとの状態に戻そうとします。しかしピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)は、その作業さえも阻止してしまいます。


ピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)が原因と見られる胃潰瘍はなんと全体の7割から9割を占めます。胃潰瘍の原因がピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)かどうかを調べるための数種類の検査があります。


「尿素呼気検査」はよく知られた検査法ですが、他に内視鏡を使ってする検査もあります。

ピロリ菌と胃潰瘍

関連エントリー
ピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)が原因の胃潰瘍