Top > ピロリ菌の感染 > ピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)の感染はどのようにして起こるのか

ピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)の感染はどのようにして起こるのか

スポンサード リンク

胃炎、胃潰瘍、胃がんなどの原因の一つとされるピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)には、日本人の中高年の約70パーセント、世界規模では人口の40パーセント以上が感染しているといわれています。


これほどまでに高い感染率となったピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)の感染は、どのようにして起こるのでしょうか。


ピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)は子供のときに感染する可能性が大きいといわれています。胃や便などから発見されているため、口からの感染によるものとされています。例えば、ピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)に感染している母親が咀嚼したものを子供に食べさせることにより、感染率が高くなります。


ところで日本人の中高年が高い感染率となったのは、子供の頃の水道環境に問題があるようです。水道環境がまだあまり整っていなかった時代には井戸水などを使用することが多かったためです。恐ろしいことにピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)は一度感染するとその後も保菌し続けるといわれています。

ピロリ菌の感染

関連エントリー
ピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)の感染はどのようにして起こるのか