Top > ピロリ菌の検査 > ピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)の検査方法

ピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)の検査方法

スポンサード リンク

ピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)の検査方法は数種類あります。


一般的によく耳にするのが尿素呼気テストです。検査のための内服液には尿素が含まれています。それを服用した前後の二酸化炭素に含まれる尿素の量を比較する方法です。ピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)は胃の中で分解するとき自身からウレアーゼという酵素を作り出します。このウレアーゼによる胃の中の尿素の分解によって二酸化酸素ができます。呼気の中に含まれるこの二酸化炭素がどれくらい増えているかによって感染しているかどうかを診断します。


他に内視鏡を使う検査方法もいくつかあります。胃の中の菌を培養することによって病原体であるピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)を直接見つける、迅速ウレアーゼ法と呼ばれる検査方法、胃の粘膜の組織の一部を染色し顕微鏡で直接観察する組織鏡検法、菌を培養させる方法などです。また、ピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)の抗体による反応をみて検査する方法もあります。医師と相談し、自分に合った検査方法を見つけることが大事です。

ピロリ菌の検査

関連エントリー
ピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)の検査方法ピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)を自宅で検査する遠隔検診