Top > ピロリ菌と胃がん > ピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)は胃がんの関係

ピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)は胃がんの関係

スポンサード リンク

ピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)と胃がんにはどのような関係があるのでしょう。


ピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)に感染している人が多い地域では、胃がんで亡くなるひとが多いということです。しかしピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)に感染したからといって、すぐに胃がんになるということではありません。


ピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)に感染した人で胃がんになるのは、ピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)に感染した人全体の1パーセント以下です。しかし、逆からみると、胃がんになった人のほとんどがピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)に感染しています。


つまりピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)は胃がんの原因に充分なりうるということです。このようにピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)と胃がんは深い関係があります。

ピロリ菌と胃がん

関連エントリー
ピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)は胃がんの関係