Top > ピロリ菌と血液検査 > ピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)を血液検査で見つける

ピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)を血液検査で見つける

スポンサード リンク

血液検査によっていろいろな病気を見つけることができますが、ピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)についても同じことがいえます。


血清によってピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)の抗体を測定し感染を見つける血液検査と、血清ペプシノゲン測定で慢性萎縮性胃炎を調べる血液検査があります。それぞれの血液検査で胃の中のピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)の感染状態、それによる胃の萎縮の状態を調べることができます。自分がピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)に感染しているかどうかは、自分の胃の健康状態や胃の病気に対する予防の指針になりますので、少しでも胃に異常を感じる人にはお勧めします。


血液検査によりピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)に感染しているか否かを早期に見つけ、感染している場合、早めに除菌することで胃潰瘍や胃がんのリスクから自分を守りましょう。

ピロリ菌と血液検査

関連エントリー
ピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)を血液検査で見つける