Top > ピロリ菌の検査 > ピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)を自宅で検査する遠隔検診

ピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)を自宅で検査する遠隔検診

スポンサード リンク

ピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)に感染しているかどうか、自宅で検査する方法があります。今は遠隔検診と呼ばれているこの検査セットですが、検査のセットを郵便で受け渡しするためか、以前は郵便検診と呼ばれていました。


現代では多くの人がピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)に感染しているといわれているにもかかわらず、なかなか病院で検査してもらう時間のない人が多くいます。自宅で検査するこの遠隔検診セットはそんな人にピッタリの検査方法です。この遠隔検診セットは便によってピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)があるかないかをチェックします。


また胃がんになるリスクが高く、ピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)感染後に発症するといわれている萎縮性胃炎をも発見することができます。萎縮性胃炎は血液を調べることによりチェックすることができます。


このように遠隔検診は自宅にいながらピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)や萎縮性胃炎をチェックでき、病気の早期発見につなげることができる貴重な検査方法です。

ピロリ菌の検査

関連エントリー
ピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)の検査方法ピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)を自宅で検査する遠隔検診