Top > ピロリ菌と除菌 > ピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)を除菌療法で治療する

ピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)を除菌療法で治療する

スポンサード リンク

胃潰瘍や胃炎、胃がんなどの原因になりうるピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)を退治する方法があります。ピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)は、胃の粘膜などに感染している病原体なので、それを除菌療法で治療する方法です。ピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)が原因であると考えられる胃潰瘍などの病気も除菌療法によって治療します。


それではどのような除菌療法でピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)を治療するのでしょう。


一般的なのは抗生物質や胃酸を抑える薬を7日間経口投与する治療方法です。ただしこの治療方法だと下痢や軟便を起こす場合があります。投与する薬が胃や腸を刺激したり、腸内細菌のバランスを崩したりするため、このようなことが起こります。そのため除菌療法に加えて乳酸菌を一緒に投与する医師もいます。最終的に尿素呼気テストでピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)が除菌されたことを確認します。

ピロリ菌と除菌

関連エントリー
ピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)を除菌療法で治療する